テキスト版

利用案内

図書貸出条件

利用区分 貸出冊数 貸出期間 継続貸出
1.通学課程の学部生
(科目等履修生・聴講生・研究生等を含む)
10冊以内 2週間以内 1回のみ可
2.通信課程の学部生
(科目等履修生・聴講生・特修生等を含む)
10冊以内 1ヶ月以内 不可
3.大学院生、研究員
(大学院科目等履修生・研究生・履修証明プログラム
履修生等を含む)
40冊以内 3ヶ月以内 不可
4.大学・大学院の専任教員 50冊以内 3ヶ月以内 1回のみ可
5.学園の専任職員(上段4.の教員を除く)、
学園の非常勤講師
30冊以内 1ヶ月以内 不可
6.本学卒業生 5冊以内 1ヶ月以内 不可
7.学外者(一般利用者) 5冊以内 2週間以内 不可
8.高校生
(地域の高校生、日本福祉大学付属高等学校の生徒)
2冊以内 2週間以内 不可

※雑誌、参考図書、統計、特別文庫、貴重書など禁帯出の図書資料は館外貸出できません。
※遠隔利用サービスにおける図書資料の郵送貸出では郵送期間を含めた貸出期間です。

提供サービス(サービスマトリックス)

NO. 図書館サービス 学部生 院生 教員 職員 学外者
通学 通信 通学 通信 専任 非常勤 専任 非常勤 卒業生 一般
1 図書の貸出予約    
2 図書の転送予約
3 コピー機の利用
4 購入希望(リクエスト)    
5 紹介状の発行    
6 学外文献複写依頼    
7 現物貸借依頼    
8 学内文献転送    
9 リモートアクセスサービス      
10 図書の郵送貸出              
11 文献の郵送              
12 国立国会図書館デジタル化資料
送信サービス
   
13 AVホール等の貸出    

サービス内容

NO. 図書館サービス サービス内容 料金 備考
1 図書の貸出予約 貸出中の図書に対し、返却後優先的に借り出しできるようにするための予約。 無料  
2 図書の転送予約 学内他館に所蔵する在架の図書に対し、キャンパス間の転送便を利用して図書を搬送し、優先的に借り出しできるようにするための予約。 無料  
3 コピー機の利用 館内に設置されたコピー機(カード式・現金式)の利用。(カードは生協で販売) 有料 学内利用者:1枚10円、学外者:1枚40円
4 購入希望(リクエスト) 本学図書館に所蔵されていない図書や視聴覚資料について、購入をリクエストする制度。(雑誌は対象外) 無料 購入可否結果はメールや掲示で告知
5 紹介状の発行 利用者が他大学図書館等に直接訪問し、所蔵された図書等を閲覧するため、当該利用者に対し「紹介状」を発行する。 無料 訪問日程の特定が必要
6 学外文献複写依頼 他大学図書館等に所蔵の雑誌等の文献コピーを本学図書館に郵送してもらい、それを利用者に提供する。 有料 相手館の定めによる複写料金+送料利用者負担
7 現物貸借依頼 他大学図書館等に所蔵の図書を本学図書館が借り受けし、それを利用者が館内利用する。 有料 往復送料利用者負担
8 学内文献転送 学内他館に所蔵の雑誌等の文献を電子転送してもらい、それを文献コピーとして利用者に提供する。 有料 10枚以内1件につき100円、10枚を超えた場合1枚増すごとに10円加算
9 リモートアクセスサービス 本学図書館が契約しているデータベース・電子ジャーナル・電子書籍を自宅等の遠隔地からリモート(VPN)接続により利用する。 無料  
10 図書の郵送貸出 本学図書館に所蔵の図書を、自宅へ郵送貸出する。 有料 往復送料利用者負担
11 文献の郵送 本学図書館に所蔵の雑誌等の文献コピーを、自宅へ郵送する。 有料 複写料金+送料利用者負担
12 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス 国立国会図書館でデジタル化した図書や雑誌のうち、絶版などで現在手に入らないものについて、国立国会図書館館の承認を受けた大学図書館等において閲覧できるサービス。 無料 美浜本館と名古屋分館で利用可能
13 AVホール等の貸出 AVホール(美浜)やグループ閲覧室等(美浜・半田)を事前予約により貸出する。 無料